WAGAYA

INFORMATION&BLOG

WAGAYAの最新情報や
住人のブログをお届け

~ シェアハウスが英語の上達にオススメな3つの理由 ~

WAGAYA 2017.12.21

 

みなさんこんばんはー!どーもゴンでーす!

 

 

さて今回はいつものブログと違ってちょっとしたコラムを載せたいと思います。

 

 

題して『シェアハウスが英語の上達にオススメな3つの理由』です!

 

 

早速いってみましょー!

①外国人が家にいる

まず第一の理由として生活の環境に外国人がいることです!





英語を学ぶ方法は沢山ありますが、なかなか学んだ英語を使う機会が少なくないですか?





英会話教室やスカイプ英会話などお金をかければ話す機会は作れますが、お金がかかったり時間を作るのが難しくなってしまいます。





その点、シェアハウスだと家に帰れば外国人がいるので気軽に話しかけることができ、学んだ英語を簡単に使うことができます。





英語が話せるようになるには、とにかく話して使うこと!

②外国人に対しての苦手意識がなくなる

これは一概に言えることではないですが、少なくとも英語を話すときに外国人に対して苦手意識を持つ人がいるのではないでしょうか?





というのも、中国や韓国のアジア圏の人とは気軽に話せるけど、欧米人に対して身構えてしまう、潜在的なコンプレックスを持っている人がいます。(僕もそうでした!笑)





その理由としてこちらに詳しく書いているので気になる人は見てみてくださいね↓





日本人が英語を苦手な理由





ただ外国人と一緒に生活をしているとその苦手意識もいつの間にかなくなっていきます。





次第に外国人に対して慣れていくんでしょうね。





僕も以前まで外国人に対して苦手意識を持っていましたが、生活をともにしてから、今では何の苦手意識も持っていません。

③英会話のハードルが低い

英語を学んでいざ話そう!と思って話してみてもよく聞き返されることや相手にされないことはありませんか?





特に海外旅行に行って道を聞こうと思っても、拙い英語で聞き返されてその時の反応がトラウマになって上手に話せない…。





そんな経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。





その点、シェアハウスに住んでいる外国人なら大丈夫!





というのも彼らは「日本の文化が好き・日本語を話したい」と思っているからです。





シェアハウスを選ぶ理由として、初期費用が安い(家具全般あるので)というのがありますが、

その他に「コミュニケーションを取りたい」という理由が多いです。

 

Wagaya hacoに住んでいるTomさん。PCで日本語の勉強中です。

 

 

なので拙い英語で話しかけても、彼らはちゃんと耳を傾けてくれるし、向こうも日本語の練習として話してくれるので英語で話すというハードルが低いのです。

 

 

最後に

 

 

みなさんどうでしたかー?

 

 

今後、長期留学を控えている人やワーホリに行こうとしている人はシェアハウスで英語の準備として住んでみてはいかがでしょうか^^

 

 

ではでは~

※今回は日本人向けの内容なので英訳はお休みします。

HOUSE LIST HOUSE LIST

自分のスタイルに合わせて
選べる3つのシェアハウス

  • 01

    WAGAYA 環状通KANJŌDŌRI

    環状通東駅 | 国際交流を希望する方に最適

    目の前で広がる国際交流
    世界とつながるシェアハウス

    様々な国から、留学やワーキングホリデーで札幌に来ている海外の方との暮らし。海外に行く準備期間の方や海外から帰国したあとも語学の勉強を継続したい人にとって良い環境があります。

    MORE
  • 02

    WAGAYA 学園前GAKUENMAE

    学園前駅 | 落ち着いた暮らしやカルチャーを

    便利と快適を兼ね備えた
    充実環境のシェアハウス

    とある企業の社員寮をリノベーション。贅沢なキッチンやシアタールーム完備。ちょっと大人な暮らしを提案できる物件です。屋上でのパーティや花火大会の観覧などいろんな時間を堪能できます。

    MORE
  • 03

    WAGAYA 円山MARUYAMA

    西18丁目駅 | 人気の円山エリア×札幌最大級

    多様性のある暮らしが生まれる
    シェアハウス

    人気の円山エリアで札幌最大級のシェアハウス。8階建てのオフィスビルをリノベーションしました。国籍、性別、職業、年齢さまざまな住人達がそれぞれの人生を楽しみながら暮らしています。

    MORE