入居者の声
kouhei_large

大金康平さん

■年齢
21歳
■職業
映画監督志望の学生
■入居前の状況
一人暮らし
■住んでいたシェアハウス
Wagaya
■出身地
群馬県
■住み始めた時期
2011年11月頃

今やっていることは何ですか?
大学生です。映画監督コースに通っていて、毎日、脚本を書いたり、撮影をしたり、編集をしたり鬼のように忙しい日々を過ごしています。休日は結婚式場で撮影と映像編集の仕事をしています。披露宴を映像で撮って、その場で編集。エンディングで編集したものを流しています。そのプレッシャーは半端ないです笑 一生に一度の結婚式のエンディングが感動的なものになるかどうかを任されているのでいつもガチっすね。その映像を見ながら感動して泣いている人を見るのが一番好きな時間です。


Wagayaに住もうと思ったきっかけは?
結婚式の映像の仕事をしている人と山さんが知り合いでこんなシェアハウスがあるよって言われて会いにいったんです。
そしたら、PVの制作会社の人もいるし、いろんなジャンルの人が出入りするし、
この環境なら成長できるなって思ったんですよね。あと、結婚式場からも近かったのが決め手ですね。住んでみて本当に良かったなって思います。部屋にこもって自分の作品にのめり込める環境もあるし、
リビングで皆にアイディアの相談とかもできるし。
一人暮らしよりも多くの経験ができることがシェアハウスの何よりのメリットだと思います。


シェアハウスを検討している人へ一言
シェアハウスはどんどん増えてきていますがWagayaの特徴は繋がりが深いところだと思っています。
家族というか家族以上を目指しているのがいいところ。あとは、普通の人がいないですね笑普通の人って何って感じですが所謂サラリーマンって人がいないです。会社に勤めている人もいるんですが、
自分で仕事もしていたり、NPOやっていたり、超でかい仕事を動かしていたり、なんというかマインドが高い人ですね。それはたぶんもともとそうだったって言うのもあると思いますが、シェアハウスのみんながそうだから、そうなっていくんだと思います。人って人によって磨かれるじゃないですか。そんな感じです笑