blog

札幌市でシェアハウスが増えている理由

2013.08.15 | posted by:topics yamazaki

札幌市にあるシェアハウス一覧はこちらをクリック下さい。

 

シェアハウスが増えている事が社会的な背景とどう関係しているのかまとめてみた。

あくまで僕から見たらこうだと思っているだけなので

「それは違うよ」かもしれないです。

 

 

札幌市でシェアハウスが増えている5つの理由

札幌市というより日本全体的にシェアハウスが増えている理由ですね。

シェアハウスが増えている事を時系列的に説明した方がわかり易いと思うので、

 

①1990年〜2005年 シェアハウス導入期

②2005年〜2010年 シェアハウス成長期

③2010年〜現在 シェアハウス成熟期

 

と勝手に仮定してまとめてみます。

 

 

①シェアハウス導入期

 

【外国人ハウスが誕生】

シェアハウスは元々外国人向けとしてスタートしている。

一般の賃貸住宅は外国籍の方がなかなか住みにくい。

今でこそ審査が緩和されている感じはあるが、

外国人がNGという物件が大半で、

保証人が日本にいないと駄目という感じで外国籍の住む場所のハードルが高かった。

 

外国人が今のシェアハウス的に利用する家を当時「外国人ハウス」と呼んでいた。

 

【外国人と住めるメリットを感じて日本人が外国人ハウスに入居し始める】

 

1980年頃から航空業界の規制緩和により航空券が易く購入できるようになる。

E2010308

 

 

航空券が易くなる事と連動して日本人の外国留学生が増加する。

1283337_002

平成20年度文部科学白書

 

 

海外ではゲストハウス、シェアハウスは一般的なため、

留学を経験する日本人が海外でこれらを経験する機会が増える。

 

留学経験者はシェアハウスに抵抗感が無い、

また、日本でも継続して英語を利用できる環境を求め外国人ハウスに

住む日本人が増え始める。

 

これが日本人の中でシェアハウスが広がり始めた入り口だと思う。

 

規制緩和により航空券が安くなる

⇒海外留学する人が増える

⇒海外でシェアハウスを経験し、シェアハウスに抵抗が無い人が増える

⇒外国人と住めるメリットを感じて日本人が日本のシェアハウスに住み始める

 

その次にシェアハウス成長期について

 

yamads

山崎 明信

Yamazaki Akinobu

住まい..

生年月日..1984年6月9日

出身..北海道札幌市


【僕がやっていること】
シェアハウス事業

http://we-will.be/

晴海テラス

晴海テラス

EC事業(れーじとやってるiPPOMEのメイン事業)

家具通販Ippome/

日刊スゴい人(先輩経営者とやっているWEBマガジン)

登録者数4万人

http://sugoihito.or.jp//